ホーム > 看護学科カリキュラム


カリキュラムの考え方

看護は人間的なふれあいと
ケアリングによって
支えられています。

看護は尊い生命に関わり、その人らしい生き方を支援します。その人にとって一番よいこととは何かを考え、よりよい看護を追求できる専門職を育てられるようにカリキュラム全体に倫理のシャワーが放射しています。


各科目のねらい


基礎分野 人間性を育む
看護は尊い生命に関わり、その人らしい生き方を支援します。その人にとって一番よいこととは何かを考え、よりよい看護を追求できる専門職を育てられるようにカリキュラム全体に倫理のシャワーが放射しています。
専門基礎分野 人間のもつ総合機能を理解する
「人間と環境」「人間と健康」「環境と健康」を枠組みとして、健康支援と社会保障、人体の構造と機能、疾病の成り立ちと回復の促進について、人間の総合機能をもとに理解していきます。


専門分野 I 対象に寄り添う

対象に寄り添い全人的な統合を促すための看護の土台となる科目として、基礎的・共通的な知識と技術を身につける基礎看護学を学びます。基礎看護学は、看護技術の特徴や問題解決過程を学ぶ基礎看護援助論、看護を実践していくための技術を学ぶ看護介入の基礎技術、治療措置に伴う援助を学ぶ診療時援助技術で構成されています。

基礎看護学

専門分野 II 心とライフサイクルとリプロダクティブヘルス

それぞれが影響しあうものとして、心とライフサイクルとリプロダクティブヘルスの3つの視点からさらに学びを深めてゆきます。心のケアを中心に心の統合を促す精神看護学、ライフサイクル別に統合を促進する科目として小児看護学、成人看護学、老年看護学、母性にとどまらす生涯にわたって女性の健康を支援する科目としてリプロダクティブヘルスで構成しました。

成人看護学 老年看護学 小児看護学

リプロダクティブヘルス看護学 精神看護学



総合分野 全ての看護学を応用して

あらゆる対象に場所を問わず統合を促進できる能力を養う分野であり、すべての看護学と関連し応用する分野です。

在宅看護論 看護の総合と実施