ホーム > 看護学科カリキュラム > 専門分野II(リプロダクティブヘルス看護学)


リプロダクティブヘルス看護学


リプロダクティブヘルスとは「性と生殖に関する健康」という意味です。
女性の妊娠、出産だけをとらえるのではなく、女性の一生をとおして様々な健康問題に直面する女性を支援するための、看護を学んでいきます。



リプロダクティブヘルス看護学概論

リプロダクティブヘルス/ライツとはどのような事かということについて学びます。
また、リプロダクティブヘルスの現状と今後の課題について学びます。

リプロダクティブヘルス看護援助論

女性のセルフケア能力を高めるための健康教育のあり方や看護を学びます。
妊娠、分娩、産褥期の女性、新生児とその家族への看護について学びます。
また妊婦体験を通して、妊婦への理解を深め、援助方法について考えていきます。

リプロダクティブヘルス看護学実習

病院(産婦人科病棟や外来)、助産院などで実習します。
マタニティサイクル期の女性と新生児、その家族と関わらせていただく中で、必要な看護を展開していきます。生命誕生の瞬間に立ち会える感動が待っています。