ホーム > 看護学科カリキュラム > 専門分野II(老年看護学)


老年看護学


ひとのからだは年をとることでそれぞれに変化していきます。機能が低下する部分もあれば、老年期に入ってもなお発展し成熟していく分野もあります。老年看護学では高齢者への関心を高めていきながら、誰もがいずれは迎える老年期を共感性をもってとらえていきます。



老年看護学概論

高齢化の現状や高齢者をとりまく環境の変化について学びます。

老年看護援助論I

加齢が進むにつれてどのような特徴が体に表れるのかを学習し、具体的な援助方法について学内演習をしていきます。

老年看護援助論II

広がりつつある老年看護の場と看護の役割について学びます。介護保険施設にも見学実習に行きます。

老年看護援助論III

高齢者を対象とした看護に必要な思考過程を学びます。

老年看護学実習I

時には100才を超える患者を受け持たせていただくこともあります。最初の挨拶からすべてが緊張の連続です。

老年看護学実習II

学生同士で1人の患者を受け持ち看護が継続されていくことの大切さを体験します。