双康幼稚園

園の特色


sokoの英語

脳科学の上で、外国語の発音やイントネーションといった最もデリケートな部分の習得はおおよそ9歳までがピークといわれています。
スポンジのような脳と研ぎ澄まされた聴覚により、幼児期は正しい発音の習得には最も有効な時期なのです。この時期に聞いた発音が将来の英語を聞く力、話す力の基礎になります。そこで、sokoでは本物の発音にこだわり、ネィティブによる「英語で遊ぶ」時間を各学年(各クラス)週1回設けています。講師には大阪・神戸でも幼児英語の実績を持つ、カナダ人講師Mr.Phil Yee(イー・フィル先生)が担当します。

体育

幼児期は運動能力が著しく発達する時期でもあり、体(健康)の基礎づくりの時期でもあります。本園では、「あそび」の中から運動能力面の「つよい体」をつくり、人とのかかわりから「つよい心」も育てます。年中・年長組には週に一度「体育」の時間があり、幼児体育専門の東京幼年体育振興会の先生が指導にあたります。体育の時間の集大成「うんどうかい」は小学生顔負けです。

食育

本園は専任の調理師による手作り完全給食を実施しています。メニューは専任の栄養士の指導のもと「旬の食べ物」を意識した「バランスのとれた」内容です。箸づかいや食事のしつけも給食時に覚えます。平成28年度から新しくなった給食室で園児全員で楽しく食事をしています。

バス登降園

園児の安全安心を第一に、本園では全園児がバスでの登降園となっております。運行するバスは3台で、専属の運転手さんが毎日安全運転でお子様を送迎します(無料)。
コースや送迎時間については、状況に応じて年度ごとに変更しますので、詳しくは園までお問合せ下さい。
また、このバスは少し遠くの公園や施設見学等、園外保育にも活躍します。